SAPコンサルタントになるうえでの王道のルートは、大手コンサルティングファームに就職してSAP導入案件に関わるというものです。しかし、コンサルティングファームといっても、事業会社とは違ってイメージがわかない人も多いかもしれません。

今回は、コンサルティングファームとは何か、仕事内容はどういうものかといった基本的なところを簡単に解説していきます。SAPコンサルタントに興味がある人は知っておきたい内容なので、ぜひ参考にしていただければと思います。

コンサルティングファームとは?

コンサルティングファームは、クライアント企業が抱える課題を解決するために、専門的な知識・ノウハウに基づく指導(コンサルティング)を行う企業です。コンサルティング内容は幅広く、日本にはさまざまな種類のコンサルティングファームが存在します。

コンサルティングファームに明確な区分があるわけではありませんが、ここではコンサルティング内容の性質の観点から分類したうえで、戦略系・総合系・IT系・シンクタンク系といった主要なところを見ていきます。

戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームは、企業全体における経営課題を解決するための戦略策定支援等を中心に行います。クライアントは一定の規模のある企業が多く、大企業のトップレベルの経営戦略にも関与することもあります。

代表的な戦略系コンサルティングファームとしては、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー、アーサー・D・リトル、ドリームインキュベータ等が挙げられます。

総合系コンサルティングファーム

総合系コンサルティングファームは、製造業や金融、官公庁等のあらゆる業界に関して、経営戦略も含め財務、IT、人事、業務プロセス等の広い範囲で、コンサルティングを総合的に提供します。

代表的な総合系コンサルティングファームとしては、デロイトトーマツコンサルティング、PwCコンサルティング、KPMGコンサルティング、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、アクセンチュア等が挙げられます。

IT系コンサルティングファーム

IT系コンサルティングファームは、クライアント企業へのITシステムの導入支援によって業務改善を支援します。販売管理、購買管理、在庫管理、顧客管理、人事、財務会計等、あらゆる業務がコンサルティング対象となります。

代表的なITコンサルティングファームとしては、日本IBM、フューチャーアーキテクト、ウルシステムズ、デジタルフォン、シンプレクス、等が挙げられます。

シンクタンク系コンサルティングファーム

シンクタンク系コンサルティングファームは証券会社や銀行を母体としており、グループにおける知見を活かしたコンサルティング業務を行っています。経営戦略から業務改善、システム構築等、幅広い範囲で業務を提供しています。

シンクタンク系コンサルティングファームとしては、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、日本総合研究所、野村総合研究所、富士通総研、みずほ総合研究所等が挙げられます。

コンサルティングファームの職位と仕事内容

コンサルティングファームはクライアント企業からの依頼を受けると、目的に応じて社内の適切なメンバーをアサインしてプロジェクトチームを作ります。コンサルティングファームにおいては、プロジェクトチーム単位で業務を進めていくのが基本的なかたちです。

プロジェクトチーム内で担当する役割は、メンバーの職位によってある程度は決まっています。細かい職位はコンサルティングファームによって異なりますが、ここでは大まかにアナリスト・コンサルタント・マネージャー・パートナーの4つに分類して紹介していきます。

アナリスト

コンサルティングファームにおいて、新卒入社の職位はアナリストからスタートします。アナリストはプロジェクトチームにおいて、指示に基づいてリサーチや分析、資料作成、議事録作成等の作業を行うのが基本です。

アナリストの段階では、指示された作業をこなしながら、コンサルティングの基礎となるスキルを身につけていくことになります。スムーズにいけば、2~3年でコンサルタントに昇格することができます。

コンサルタント

コンサルタントは、プロジェクトにおいて一定の範囲内の業務を一任され、自身の判断で業務を進めていくことになります。実作業における中心的な存在で、任された業務における成果物の責任者という位置づけです。

クライアントとコミュニケーションを取りながら、課題解決のための施策を主体的に検討し提案する等、より高い能力が必要となります。また、アナリスト等のチームメンバーに指示を出したり、指導や教育をしたりすることも求められるようになります。

マネージャー

マネージャーは、一般の事業会社における課長や部長に相当する位置づけの職位です。プロジェクト全体の責任者として、予算や進捗状況、作業品質等の管理を行うことになります。

また、クライアントとの信頼関係を構築しながら、新たな案件の獲得へつなげることも求められるようになってきます。与えられた案件をこなしていくだけでなく、営業による売上面での貢献が求められる側面も出てきます。

パートナー

パートナーとは「共同経営者」という意味で、一般の事業会社における経営層に相当する位置づけの職位です。パートナーは、売上目標を達成するためにプロジェクトの受注や顧客開拓を行うほか、コンサルティングファームの経営にも関与することになります。

パートナーは、コンサルティングファームにおけるもっとも上位の職位で狭き門です。折衝する相手も企業の経営者レベルとなり求められる能力も非常に高くなりますが、それだけやりがいのある仕事とも言えるでしょう。

コンサルティングファームへの転職は魅力的?

コンサルティングファームの種類にもよりますが、年収は総じて一般の事業会社と比較して高い水準にあります。アナリストでも500万円スタートというケースが多く、コンサルタントのうちに1,000万円を達成できる場合もあります。

一方で、コンサルタントは高いスキルが求められる職業であり、成果で評価されることが多い側面があります。クライアントの期待値を超える成果を出すために、プロジェクトの繁忙期にはいわゆる「激務」と言われる状態になることも少なくありません。

コンサルティングファームに転職する場合、専門性の高いスキルを身につけるために、日々勉強するという覚悟は必要です。しかし、向上心を持ち続けて業務にあたることで、単に年収が高いというだけではない価値ある経験ができることでしょう。

(画像は写真ACより)