目標はJリーグ参入

SAPジャパンは、10月10日、Jリーグ参入を目指す奈良クラブが、アビームコンサルティングによるサポートのもと、クラウド人財マネジメントシステム「SAP(R)SuccessFactors(R)」を、わずか3カ月で導入し、10月より稼働を開始したことを発表しました。

データを用いて選手のパフォーマンスを向上

奈良クラブは、昨年、中川政七商店会長の中川政七氏を代表取締役社長に迎え、新体制を敷きました。

新体制では、選手育成に関し、監督やコーチの主観的な知見のみでなく、データをもとに客観的に分析をすることが重要だとしています。

また、トップチームだけでなく、ジュニアチームも含めた長期的かつ戦略的な取り組みが、今後必要であると考えました。

今回、同ソリューションを導入することで、奈良クラブでは、サッカー選手における能力の体系化・数値化に努め、選手のプレースタイルや役割を32タイプに分類します。

さらに、後継者の発見・育成スキームやサッカーインテリジェンス・戦術理解力をあげるために、eラーニングの仕組みを取り入れる計画です。

なお、選手のパフォーマンス向上を目的に、同ソリューションを導入したサッカークラブチームは、世界初。奈良クラブは、10年後、トップチームのユース出身率50%を目指す考えです。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

SAPジャパン プレスリリース
https://news.sap.com/