世界で1万1,000人超の従業員全体像を把握

SAPジャパンは、10月9日、Kongsberg Automotive社が、人事(HR)プロセスを刷新するため、世界19カ国におけるグローバル組織全体で、人事・人材管理(HCM)に「SAP(R)SuccessFactors(R)ソリューション」を、わずか5カ月で導入完了したことを発表しました。

ビジネス目標の達成には、人事情報システム(HRIS)が重要な役割を果たします。同社は今回、「SAP(R)SuccessFactors(R)Employee Central」「SAP(R)SuccessFactors(R)Recruiting」「SAP(R)SuccessFactors(R) Learning」を導入しました。

従業員ひとり一人に優れたエクスペリエンスを提供

同ソリューションは、企業の人事ニーズをトータルでサポートするもの。今回のケースでは、Kongsberg Automotive社とその従業員の持続可能な成功を徹底的に支援します。

具体的には、グローバルな人事プロセスを、シンプルかつ標準化し、データ品質を改善、従業員データを統合。

同社は、同ソリューション導入により、必要な人材を採用し、従業員に適切なトレーニング等を提供できるようになったうえ、経営陣と人事部門については、報酬および福利管理を合理化できるようになりました。

(画像はイメージです)

▼外部リンク

SAPジャパン プレスリリース
https://news.sap.com/