従業員の目標とパフォーマンスを正しく追跡

SAPジャパンは、10月3日、「SAP(R)SuccessFactors(R)Performance & Goalsソリューション」を導入した世界中の大手企業が、5,000社を超えたことを発表しました。

近年変化するパフォーマンス管理に追随

同ソリューションは、従業員がやる気とパフォーマンスを維持し、正しい目標に向かって業務に取り組めるソリューション。

継続的パフォーマンス管理やモバイル360度レビュー等の機能を搭載し、状況に応じた目標設定、継続的なコーチングとフィードバック等を適切に行うことで、業務の改善、従業員と上司間の継続的な対話促進、適切なスキルの維持に重要な役割を果たします。

ビジネス目標達成に貢献するシステムを提供

2019年上半期だけで、同ソリューションの新規導入顧客は、300社超にのぼり、導入した顧客には、ALCSA(Arrocera Los Corrales S.A)社、CLAASグループ、Constructora EBCO S.A社も含まれています。

同社はこれまでも、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための支援を積極的に行ってきました。今後も、SAPシステムを通じ、あらゆる業種・規模の企業の成功をサポートしていく方針です。

(画像は写真ACより)

▼外部リンク

SAPジャパン プレスリリース
https://news.sap.com/