新基幹システム「パラダイス3」

2020年3月4日、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)、SAP ジャパン(以下、SAP ジャパン)株式会社、株式会社野村総合研究所(以下、NRI)、トラスコ中山株式会社(以下、トラスコ中山)は共同で、トラスコ中山の基幹システムを、新基幹システム「パラダイス3」として一新したことを発表しました。

同プロジェクトは、 2017年12月、トラスコ中山が、基幹システムおよび情報分析システムリニューアルを計画したことからスタートしました。トラスコ中山では、従来までのシステムサポート期限に合わせて同プロジェクトを進めていました。

同システム刷新において、新技術を採用するに当たり、様々なリスクを回避するため、4社合同のプロジェクトという形を採用したとのことです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進

今回のシステム刷新は、日本IBMがプロジェクト推進に関わり、システム刷新においては、SAP ジャパンの最新ERP“SAP S/4HANA(R)”を採用しました。 NRIが担当したのは、リアルタイム情報基盤(SORA2)の機能拡張です。

トラスコ中山は、システム刷新によって生まれた新基幹システムをもとに、

デジタル技術を活用した業務革新(DX:デジタルトランスフォーメーション)を推進(プレスリリースより)

していく考えを示しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

トラスコ中山株式会社
http://www.trusco.co.jp/