SAP AWARD OF EXCELLENCE

株式会社電通国際情報サービス(略称 ISID)は、2020年3月9日、2020年度の「ザ・トップ・マネージドクラウド・パートナー・アワード」を受賞したことを発表しました。

同賞は、“SAP AWARD OF EXCELLENCE”というSAPジャパン株式会社が主催する“パートナー企業向け表彰”のうちの一つです。1998年からスタートし、2020年度の今回で“SAP AWARD OF EXCELLENCE”開催は23回となりました。

“SAP AWARD OF EXCELLENCE”では、SAPに対する貢献度や顧客満足度等を評価され、授与されます。2020年度の受賞パートナーは、2020年3月5日の「2020 SAP Partner Summit Day」で発表されました。

2年連続の受賞

ISIDの受賞は、2019年度の「SAP Project Award」受賞に続き、二度目となります。2019年度は、SAP S/4HANA(R)の標準機能を最大限に活かしたソリューション、導入数、同時稼働の実績が評価されました。

今年度の受賞は、クラウド型サービスの提供(SAPソリューション)と、同社のサービス水準が高いことが決め手です。

「プロジェクト・アワード」の最優秀賞である「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」受賞パートナーは、日本アイ・ビー・エム株式会社とトラスコ中山株式会社でした。

(画像は株式会社電通国際情報サービスホームページより)

▼外部リンク

株式会社電通国際情報サービス
https://www.isid.co.jp/news/topics/2020/0309.html