消費者行動に基づいたCRMが可能

クロスロケーションズ株式会社は、2020年3月12日、消費者行動に基づいたCRMやマーケティングが可能になるサービスの提供を、開始しました。

同社は、位置情報データ活用クラウド型プラットフォーム『Location AI Platform(以下『LAP』)』を開発・提供している企業。今回開始されたサービスは、企業がCRMに保有する顧客データと、『LAP』による分析を連携させるというものです。

「新規顧客獲得のポテンシャルがどの程度あるか」

『LAP』は、位置情報ビッグデータから消費者行動を分析・視覚化し、エリアマーケティングの実施および効果測定が実行できるプラットフォーム。分析・視覚化にはAIが採用され、様々な業種・業態の幅広い業務で従来にない効果をもたらすものとなっています。

今回開始された『LAP』とCRMデータとの連携は、消費者の行動特性に添ったCRMやマーケティング施策を実現するというもの。「新規顧客獲得のポテンシャルがどの程度あるか」「競合が強いエリアに優良な顧客がどの程度存在しているか」といった分析が、可能になっています。

活用方法の提案や運用フロー構築なども支援

『LAP』とCRMデータとの連携サービスを開始するにあたり、クロスロケーションズは導入支援を行う「プロフェッショナルサービス」の提供も、同時に開始しました。同サービスは、CRMデータ連携に向けた支援を同社の専門チームが行うというもの。活用方法の提案や運用フロー構築なども、支援するとのことです。

クロスロケーションズは今後も『LAP』において、社会の様々なニーズに対応する機能開発を推進するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

企業保有データとLocation AI Platformを連携 – クロスロケーションズ株式会社
https://www.x-locations.com/news/20200312