支出管理イベントのSAP Ariba Liveが初めてオンラインに

2020年3月12日、SAPは同年3月18日、SAP Ariba Liveを仮想体験を介して発信すると発表しました。オンラインでのブレイクアウトセッションも予定しています。

ライブストリーミングの内容

SAP Ariba Liveは、世界最大の支出管理会議です。SAP AribaやSAP Fieldglassソリューションの専門家と最新技術、革新、市場動向の体験ができます。

基調講演では、SAP Procurement Solutions社長、Chris Haydon氏がSAP Ariba Liveを開始し、支出管理と外部従業員管理の新時代に対応する同社のビジョンを紹介します。また、Hewlett Packard Enterpriseは、自社のデジタル変革の道筋、その成功やインテリジェントな支出管理について議論します。

参加概要、詳細

基調講演は、2020年3月18日午前9時(米国東部夏時間)より開始されます。ウェッブキャストへの登録は不要です。

また、ソリューションのデモを見て、12以上のブレイクアウトセッションを選択することで、最新のソリューションの機能強化やロードマップなどの方法がわかります。このオンラインブレイクアウトセッションへの参加は登録が必要です。参加料は無料で、Webより登録が可能です。

(画像はPixabayより)

▼外部リンク

SAP News Center
https://news.sap.com/