SAP HANA(R)へのサポート実行

2020年3月17日、SAPジャパンは、SAP.iO FundがHasura社に投資したことを発表しました。SAP.iO Fundは、SAPの投資ファンドです。

拠点をサンフランシスコとバンガロールに置くHasura社は、データアクセスとデータフローの“ツール”と“サービス”をGraphQL APIを用いて提供しています。

今後は、SAP HANA(R)へのサポートを、SAPとHasura社が協働して行い、SAP(R) Cloud Platform Integrationスイートに、GraphQLのネイティブ機能を提供する予定となっています。シリーズAラウンドにおいては、Vertex Ventures社とNexus Venture Partners、Strive VCも参加しているということです。

GraphQL Foundation

GraphQL Foundationにおいて、Hasura社の推進していたオープンソース戦略が成功し、同社は15,000を超えるスターをGitHubで獲得しました。

SAPは、Hasura社のイベントエンジンを活用することで、

クラウドネイティブ/サーバーレスのビジネスロジックをGraphQL APIに簡単に統合(プレスリリースより)

できるとしています。

(画像はSAPジャパンホームページより)

▼外部リンク

SAPジャパン
https://news.sap.com/