年間約3000時間の工数削減を実現

株式会社ブレインパッドは、2020年3月17日、同社のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソリューション『ブレインロボ』が株式会社フェリシモに導入されたと発表しました。

『ブレインロボ』は、PC上で行う作業を自動化するソリューション。フェリシモにおいて同ソリューションは、年間約3000時間の工数削減を実現したとのことです。

判断を要する業務の効率化も実現

ブレインパッドは、ビッグデータ活用サービスやデジタルマーケティングサービスの提供を通じて、クライアントの経営改善を支援している企業です。ホワイトカラー業務の効率化・自動化を実現するRPA領域にも進出し、『ブレインロボ』を提供も手がけています。

『ブレインロボ』は、データ入力などの定型業務を自動化・効率化すると共に、人による判断を要する業務の効率化も実現したRPAソリューションです。開発に際しは、同社が保有するAIや機械学習の技術を付加。従来のRPAでは不可能だった画像・自然言語などを対象としたサービス開発も、容易にしています。

受注予測の正確性も向上、発注ロス率を軽減

今回『ブレインロボ』が導入されたフェリシモは、オリジナリティがある自社企画商品を独自のダイレクトマーケティングにより販売している企業です。同社において『ブレインロボ』は、在庫管理やカタログの印刷原稿チェックといった業務を自動化。また、受注予測の正確性を向上させ、発注ロス率も大幅に軽減しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

フェリシモのEC在庫管理とカタログ原稿チェックをRPAで自動化 – 株式会社ブレインパッド
https://www.brainpad.co.jp/news/2020/03/17/11178