企業情報データベースとのAPI連携を行う

SAPジャパン株式会社は、2020年3月24日、同社が提供するERP向けサービス『SAP Credit Management』において、株式会社帝国データバンクが提供する企業情報データベースとのAPI連携を行うと発表しました。

このAPI連携は、迅速な与信判断を可能にすべく実施されるもの。両社と共に、ドイツの総合化学会・BASFの日本法人であるBASFジャパン株式会社も協力する形で、連携は行われます。

効率面で課題を抱えていた与信判断

企業が取り組むリスクマネジメントにおいて、新規取引先の情報収集や与信管理は極めて重要な要素となります。しかしこれらの作業はこれまで、手作業によるチェックが大半を占めていたため、効率面で大きな課題を抱えていました。

『SAP Credit Management』と帝国データバンクとの連携は、こうした課題を解決すべく行われるものです。連携開始後、SAPのERP製品『SAP S/4HANA』『SAP S/4HANA Cloud』『SAP ERP』のユーザーは、国内最大級とも言われる帝国データバンクの企業情報データベースにアクセスが可能となります。

2020年4月よりBASFジャパンで利用開始

この連携で活用される『SAP Credit Management』は、ビジネスパートナーの信用度や支払い履歴を管理するサービス。同サービスで一元的に管理される情報に、帝国データバンクのリアルタイムかつ精度が高い情報を付加することで、効率的な与信管理を可能にするとのことです。

なお、この連携によるサービスは、2020年4月よりBASFジャパンにおいて利用が開始される予定となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

国内最大級の企業情報データベースとERPを連携、迅速な与信判断を可能に – SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/