未上場企業を対象としている投資家をサポート

株式会社ケップルは、2020年3月24日、同社のCRMツール『FUNDBOARD』が株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ(以下「FVP」)にて導入されたと発表しました。

『FUNDBOARD』は、未上場企業を主な対象としている投資家の実務をサポートするCRMツールです。FVPにおいて同ツールは、投資業務の効率化を図るために導入されています。

投資業務に集中できる環境を提供

ケップルは、スタートアップとベンチャー投資家のためのインフラ創出を手がける企業です。自ら起業家・投資家となって社会貢献を果たすと共に、起業家と投資家の支援も展開。「Create New Industries」というビジョンの実現を目指し、学びの場『KEPPLE ACADEMY』やCRMツール『FUNDBOARD』の提供を行っています。

『FUNDBOARD』は、投資家を支えるインフラとして提供されているCRMツールです。同ツールは、起業家の発見からコミュニケーションの効率化、そして実績報告に至るまで、ベンチャー投資家の実務に沿った機能を装備。一気通貫のサポートにより、投資業務や投資先の支援業務に集中できる環境を提供しています。

事務負担軽減や情報共有・蓄積を図るべく導入

今回『FUNDBOARD』を導入したFVPは、革新的な技術やアイデアを持つスタートアップ企業・ベンチャー企業に対して投資を行う企業です。投資先の増加に伴う事務負担の軽減や、社内の情報共有・蓄積を図るべく、『FUNDBOARD』導入を決定しました。

ケップルは今後、FVPの投資業務において管理業務の効率化や社内外のスムーズな情報共有に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

FUNDBOARD – 株式会社ケップル
https://fund-board.com/

FFGベンチャービジネスパートナーズが、投資業務の効率化を図るためにCRM『FUNDBOARD』を導入 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/htm