SAPなどの基幹システムをクラウドへ移行

株式会社クボタ(以下、クボタ)とマイクロソフト コーポレーション(以下、マイクロソフト)は、2020年3月17日、 基幹システムをクラウドへ移行することを発表しました。

両社のこの決定によって、SAPの基盤システムとクボタのITインフラが、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の基盤システムへ移行されることとなりました。移行の目的は、クボタのデジタルトランスフォーメーション推進です。

クボタとマイクロソフトは、同クラウドプラットフォームについて“高い信頼性”と評価しています。

クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」

SAPなどの基幹システムとクボタのITインフラをMicrosoft Azureに基づくクラウドプラットフォームに移行させることで、業務の最新化と合理化を図るとしています。

Microsoft Azureを標準基盤に設定することにより、AIをベースとして、“食料”、“水”、“環境”の3分野において、ソリューション提供型へとビジネスを移行していく方針です。

また、クボタとマイクロソフトの両社で「AI Machine Learning Lab プロジェクト」を立ち上げることが決定しており、同プロジェクトを通じて、AIソリューション技術者育成および新サービス構築を推進していく考えだということです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

マイクロソフト コーポレーション
https://news.microsoft.com/