グローバルCRMリード管理市場レポート

InvestAsianは、2020年3月22日、Market Research Inc(マーケットリサーチ株式会社)が、市場評価レポート「グローバルCRMリード管理市場ー成長、将来のシナリオ、競合分析、2020~2027」を発行したことを発表しました。

同レポートの特徴は、CRMリード管理製造業者の市場状況の統計が提供されている点です。関連業界の企業などにとって、重要な情報源となり、戦略的な事業計画の検討材料となるとしています。

2020~2027年の市場シェア

同レポートでは、オラクル、SAP、アドビシステムズ、マイクロソフト、ジェネシス通信研究所などが、グローバルCRMリード管理市場での主となるプレーヤーだとしています。同レポート内には、企業プロファイルも含まれています。さらに、2020~2027年の市場シェアについての考察もされているということです。

また、市場セグメントにおいては、

競合他社、製品タイプ、アプリケーション、仕様(プレスリリースより)

を網羅しているとのことです。

同レポートでは、グローバルCRMリード管理市場の定義や概要から始まり、競合するランドスケープ分析に対応するため、細かく分割されて考察されています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

InvestAsian
http://www.investasian.jp/