SAPジャパンとクニエがプロジェクトをサポート

3月25日(水)、三井金属鉱業株式会社はSAPジャパン株式会社のソリューションを活用した「スマートファクトリープロジェクト」に取り組み、2019年12月末から稼働を開始したことを発表しました。

今回のプロジェクトはコンサルティングファームの株式会社クニエが支援しています。

三井金属鉱業株式会社は「マテリアルの知恵を活かす」のスローガンを掲げ、安定した品質の維持や顧客への供給能力の確保に努めている企業です。

銅箔事業の効率化に成功

今回の「スマートファクトリープロジェクト」では、SAPジャパン株式会社のソリューションであるSAP Cloud Platform等を活用して、銅箔事業の生産工場の見える化や効率化を進めていくことを目的にしています。

三井金属鉱業株式会社はデジタルトランスフォーメーションやスマートファクトリー化といったICT改革の一環として、SAP Cloud Platformをはじめとしたソリューションを導入し、銅箔製品の生産管理領域の自動化や効率化に成功しました。

こうした取り組みは、SAP本社主催のSAP Innovation Awards 2020にて「Technology Disruptor Category」を授けられるほど高く評価されています。

「スマートファクトリープロジェクト」の成果を活かした三井金属鉱業株式会社の本格稼働は、2020年5月頃から始まる予定です。

(画像はラブフリーフォトより)

▼外部リンク

三井金属鉱業、SAP Cloud Platformを活用した銅箔事業の生産管理システムを運用開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000043765.html