予定表を手軽に編集できる機能の拡充を実施

株式会社オロは、2020年3月25日、同社が提供しているクラウドERP『ZAC』の予定表機能を強化したと発表しました。

『ZAC』は、プロジェクト型ビジネスに特化したクラウドERP。今回の予定表機能の強化では、スマートフォンで予定表を手軽に編集できる機能の拡充などが行われています。

経営と業務を効率化するクラウドERP

『ZAC』は、経営と業務を効率化する機能が1つに集約するクラウドERPとして、2006年に提供が開始されました。

同サービスでは、プロジェクト別・担当者別・部門別の原価管理や配賦計算を自動化し、プロジェクトの損益情報を瞬時に確認することを実現。売り上げ・利益の正確な予測も可能にしました。損益管理から請求・支払い機能までを一元管理すことで、業務の効率化にも貢献。電子申請・ワークフローに対応し、IPOにも対応できる内部統制の構築も支援しています。

こうした利点が評価され、『ZAC』の導入数は毎年順調に増加し、現在は170000アカウントを超えています。

よりスピーディーな情報共有を実現

今回の『ZAC』予定表機能の強化では、『Googleカレンダー』をはじめとするiCalへの連携が可能となりました。また、スマートフォンで予定の追加・変更・削除など編集する機能も実装。よりスピーディーな情報共有を実現しています。

オロは今後も、時代ニーズに合わせた形で『ZAC』の機能強化を進め、さらなる業務効率化に貢献するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

クラウドERP『ZAC』予定表機能を強化 – 株式会社オロ
https://www.oro.com/pressrelease/20200325.html