顧客の行動をまとめて把握

株式会社Zendeskは、2020年3月27日、同社が提供しているCRMプラットフォーム『Zendesk Sunshine』において新機能を追加したと発表しました。

『Zendesk Sunshine』は、顧客のあらゆるデータを1つの画面に集約して把握できるCRMプラットフォーム。追加された新機能は、複数のシステムに記録されている顧客の行動をまとめて把握できるというものです。

「顧客中心主義」実現をサポート

Zendeskは、企業と顧客の良好な関係構築を支援すべく、サポート・営業・顧客エンゲージメント向けのCRM製品を提供している企業です。サンフランシスコに本社を構えると共に、世界17か国に拠点を設け、カスタマーエクスペリエンスを改善する革新的な製品を展開。利用者の数は、全世界で15万を超えています。

同社の『Zendesk Sunshine』は、「顧客中心主義」のサポート体制構築を得意とする、新しいコンセプトのCRMプラットフォームです。パーソナライズにより感動体験を顧客へ届けると共に、あらゆるアプリと連携することで履歴も漏れなく把握。旧世代のCRMでは難しかったレベルでの「顧客中心主義」実現を、サポートしています。

カスタマーサービスの差別化を実現

今回『Zendesk Sunshine』に追加された新機能は、複数のシステムに記録されている顧客の行動を、まとめて把握することが可能となりました。アマゾンウェブサービス(AWS)を基盤として構築されたこの機能によりZendeskは、カスタマーサービスの差別化を実現するとしています。

なお、サンフランシスコのZendesk本社による同機能追加の発表は、2020年3月4日に行われています。

(画像はZendeskの公式ホームページより)

▼外部リンク

CRMプラットフォーム『Zendesk Sunshine』への機能追加を発表
https://www.zendesk.co.jp/