“BOMプライシング”と“コモディティ・プライシング”

米国イリノイ州シカゴに本社を置くVistex Inc.,(以下「Vistex」)は、価格決定ソリューションである“BOMプライシング”と“コモディティ・プライシング”を発表しました。同ソリューションは、BOM・コモディティに対する価格変動に対応が可能だとしています。

同社の日本法人であるVistex Japan合同会社によって、2020年3月23日、プレスリリースサイトにおいて明らかにされました。

価格管理向けのモジュール「DMp(Vistex Data Maintenance Pricing)」を提供している同社では、上記二つのリリースにより、価格計算と価格管理の効率化が期待できるとしています。さらに、ERPシステム上にあるデータを活用することで、プライスウォーターフォール分析の正確性を向上させることが可能です。

SAP Solution Extensions Partner

Vistexは、「SAP APJ AWARD for Partner Excellence 2020 for SAP S/4HANA(R)」(アジア太平洋および日本地域)受賞など、SAP社の優秀なパートナーであることを認められている会社です。

SAP Solution Extensions Partner(SolEx)であるVistexの“Vistexモジュール”は、

SAPによってテスト・検証・ライセンス化・サポート(プレスリリースより)

されているということです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

PRtimes
https://prtimes.jp/