CRMと連携し、応対品質の向上などを図る

株式会社アドバンスト・メディアは、2020年3月26日、同社のAI音声認識ソリューションがテクマトリックス株式会社のCRMシステムと連携すると発表しました。

この連携を行うAI音声認識ソリューションは、コールセンター向けの『AmiVoice Communication Suite』。テクマトリックスのCRMシステム『FastHelp5』およびFAQナレッジシステム『FastAnswer2』と連携し、応対品質の向上などを図るとのことです。

『AmiVoice Communication Suite』と『Fastシリーズ』

アドバンスト・メディアは、音声認識技術『AmiVoice』を活用した事業を展開している企業です。『AmiVoice Communication Suite』は、コールセンターにてオペレーターと顧客の全会話を文字化することで、VOC分析など様々な活用を可能にするソリューション。リカレントニューラルネットワーク『LSTM』実装により、高い認識率を実現しています。

『AmiVoice Communication Suite』と連携する『FastHelp5』『FastAnswer2』は、テクマトリックスのCRM/FAQソリューション『Fastシリーズ』に属する製品です。特に『FastHelp5』は、トップ企業におけるコンタクトセンター運用ノウハウを集約した、汎用型コンタクトセンターCRMシステムとなっています。

顧客満足度向上や業務効率化の実現に貢献

この連携では、『AmiVoice Communication Suite』がテキスト化した通話全文を『FastHelp5』に自動登録することが、可能となります。通話終了後の応対履歴作成の効率化などが、実現されるとのことです。『FastAnswer2』では、文字入力不要でスピーディーなFAQ回答が可能になっています。

この連携によりアドバンスト・メディアは、コールセンターの顧客満足度向上や業務効率化の実現に貢献するとしています。

(画像はアドバンスト・メディアの公式ホームページより)

▼外部リンク

『Fastシリーズ』とAI音声認識ソリューションが連携 – 株式会社アドバンスト・メディア
https://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/16563