SAP(R) Ariba(R)ソリューション

2020年3月31日、SAPジャパン株式会社(以下「SAPジャパン」)は、コスモ石油株式会社(以下「コスモ石油」)が、SAP(R) Ariba(R)ソリューションを、間接材調達効率化のためのアプリケーションとして稼働させたことを発表しました。

“大協石油”および“丸善石油”と“旧コスモ石油”が合併したことによって、1986年に誕生した現在の“コスモ石油”は、コスモエネルギーグループの中核事業会社として、同グループの供給部門(原油調達等)を支えています。

競争力強化の取り組み

コスモ石油では、石油精製および研究開発の知見を蓄えるとともに、競争力の強化を目的とし、様々な取り組みを行っています。

その取り組みの一環として、2019年12月に、SAP(R) Ariba(R)ソリューションを導入しました。導入の目的は、データの可視化、管理機能強化、調達購買業務プロセス標準化等です。

SAP(R) Ariba(R)は、コスト管理を支援するための、企業を対象としたソリューションです。今後は、SAP(R) Ariba(R)の導入によって蓄積されるデータを活用し、

コスト及び、サプライヤー選定の適正化(プレスリリースより)

を目指していくとしています。

(画像はSAPジャパン株式会社ホームページより)

▼外部リンク

SAPジャパン株式会社
https://news.sap.com/