5月1日よりサービス提供の開始を予定

株式会社ネオキャリアは、2020年3月31日、同社が福岡に展開しているBPOサービスの業容を拡大すると発表しました。

この業容拡大は、福岡拠点の組織を約30名規模から総計130名規模にまで増員するというもの。拡大は同年4月1日付けで実施され、5月1日よりサービス提供の開始が予定されています。

2012年から、BPOサービスの提供を開始

ネオキャリアは、HR Tech(IT、メディア)事業や人材事業、ヘルスケア事業やグローバル事業などを手がける企業です。2012年からは、BPOサービスの提供も開始しました。

BPO(Business Process Outsourcing)は、企業における業務プロセスの一部を、企画から実施まで一括した形で外部委託することを指す用語。近年、BPO市場は拡大を続けており、2023年には1兆8730億円にまで拡大すると予測されています。

BPO事業においてネオキャリアは、営業業務・コールセンター・バックオフィス業務などを受託。札幌・東京・福岡・宮崎・フィリピンの国内外5箇所に、拠点も展開しています。

ノンコア業務の外部委託ニーズが高まっている

BPO事業を展開する中でネオキャリアは、多くの企業でノンコア業務の外部委託ニーズが高まっていることを察知しました。こうした状況に対応すべく同社は、福岡におけるBPO拠点の拡大を決定。拠点のオフィスも、福岡市博多区から同市中央区へ移転します。

ネオキャリアは今後も、地方を中心に複数拠点の新規展開を図り、2023年までにはBPO組織全体の規模を1000名にまで増やすとのことです。

(画像はネオキャリアの公式ホームページより)

▼外部リンク

BPOセンター、福岡にて業容拡大 – 株式会社ネオキャリア
https://www.neo-career.co.jp/news/article_14741/