SAP Fieldglassでタイムリーな人材確保

4月1日(木)、SAPジャパン株式会社はコベルコシステム株式会社にてSAP Fieldglassの稼働を開始したことを発表しました。

SAP Fieldglassは、SAPジャパン株式会社の人材シェアリングプラットフォームです。

今回の稼働により、コベルコシステム株式会社におけるタイムリーな人材の確保に繋がることが期待されています。

コンプライアンスの強化やミスマッチの削減も

コベルコシステム株式会社は神戸製鋼から受け継いだ製造業のノウハウや品質へのこだわりとITのノウハウを融合させて、顧客の経営基盤強化に寄与する事業を展開する企業です。

SAP Fieldglassはコベルコシステム株式会社が直面していた課題である、人材採用における競合との取り合いを解決する手段として運用されます。

稼働によって見込まれている効果は以下の3点です。

外部人材の管理を1つの仕組みにまとめることで、職種や部署、契約条件といった情報を蓄積し、人材情報の見える化や分析が可能になることが効果のひとつとして期待されています。

見込まれる効果の2つ目は、標準化された業務プロセスに必要な要員確保のプロセスを効率することと、コンプライアンスの強化です。

3つ目の効果としては、ITプロジェクトにおける要員の調達を迅速に行い、ミスマッチの削減をはじめとした機会損失の削減が挙げられます。

(画像はラブフリーフォトより)

▼外部リンク

コベルコシステム、人財シェアリングプラットフォームSAP Fieldglassを稼働
https://news.sap.com/