コールセンターの人手不足に悩む企業に向けて

株式会社キャスターは、2020年4月21日、リモートコールセンターのBPOサービス『Caster CS Assistant』の提供を本格的に開始しました。

キャスターは、『CASTER BIZ』や『Caster BPO』といった人材事業を展開している企業。『Caster CS Assistant』は、コールセンター業務において人手不足に悩む企業に向け、提供されるサービスとなっています。

最短3営業日でリモートコールセンターを立ち上げ

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止および従業員の安全確保を図るべく、リモートワークを導入する企業が増加しています。セキュリティが重要となるコールセンター業務においても、人材不足への対応やBCP対策としてリモートワークの需要は拡大。社外にリモートコールセンターを構築する動きも進んできました。

『Caster CS Assistant』は、こうした状況に対応すべく提供されるサービスです。同サービスでは、最短3営業日でのリモートコールセンター立ち上げを実現。クライアント企業のサービス特性に合わせ、最短で結果につなげることが可能です。また、プライバシーマークの認定を取得することで、セキュリティ対策も万全となっています。

「リモートワークを当たり前にする」

キャスターは、創業時よりフルリモートワークで組織を運営し、現在は700名を超えるリモートワーカーを擁する企業です。幅広い業務に対応するオンラインアシスタントサービス『CASTER BIZ』や、必要な業務を必要な分だけアウトソースできる『Caster BPO』などを、提供しています。

同社は今後も、「リモートワークを当たり前にする」というミッションの達成を目指し、事業を展開するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

リモートコールセンター『Caster CS Assistant』を本格提供開始 – 株式会社キャスター
https://caster.co.jp/3322