プラネットグリーンが提供するBPO事業を採用

株式会社プラネットグリーン(以下「プラネットグリーン」)は、2020年4月30日、株式会社ジャパングレイス(以下「ジャパングレイス」)に、プラネットグリーンが提供するBPO事業が採用されたことを発表しました。

ジャパングレイスが提供するのは、売り上げの向上を支援するためのBPO事業(セールス・マーケティング)で、ゼロエネルギー住宅の導入推進にも力を入れています。

ジャパングレイスの主要なクライアントとしては、東京電力グループのTEPCOホームテック株式会社、株式会社ENEOSサンエナジー等が挙げられます。

完全成果報酬制

ジャパングレイスに対し、プラネットグリーンでは、「完全成果報酬制」をとり、着手金および運用費用は無料で提供することが決定しています。

プラネットグリーンは、

ジャパングレイスは、新たに投資をする事なく、(1)顧客満足の更なる向上(2)利益拡大(3)環境貢献を同時に実現することが可能です。(プレスリリースより)

とコメントしています。

ジャパングレイスは、ピースボート「地球一周の船旅」を提供している会社です。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上支援プロジェクトである、プラネットグリーンのBPO事業を導入する決定が下されました。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社プラネットグリーン
https://p-green.co.jp/pressrelease20200430/