在宅型BPOで、持続的な業務遂行を支援

株式会社ビズテーラー・パートナーズ(以下「BTP」)は、2020年5月27日、在宅型BPOサービス『リモートテーラー』の提供を開始しました。

BTPは、株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社として、広告・マーケティングに特化したBPO事業を展開している企業。『リモートテーラー』は、同社が提供してきたBPO業務の品質を維持しつつ、在宅型BPOで持続的な業務遂行を支援するサービスとなっています。

有事の際にも、継続対応を実現

広告・マーケティング業界では近年、業務の多様化や人材不足を背景として、BPOへの注目が高まっています。また今般のコロナ渦を受けて、BCP対応の見直し・重視を進める企業も増加。こうした動きの中で、運営場所にこだわらず持続的な業務対応を行うBPOへのニーズが、BTPにも寄せられるようになりました。

『リモートテーラー』は、こうしたニーズに対応すべく開発されたサービスです。同サービスでは、災害・感染症といった有事の際にも、在宅型勤務により継続対応を実現。また、件数・時間数・席数などから料金を選択することもでき、単発対応・短期対応・長期対応といった期間選択も可能となっています。

人材不足の解消および業界の発展へ貢献

BTPは、デジタルマーケティング全般のサービスを展開するサイバー・コミュニケーションズと、総合ネットセキュリティ企業であるイー・ガーディアン株式会社の合弁会社として、2020年4月に設立されました。以来、ネット広告の入稿から運用までをワンストップで担うBPO事業を展開しています。

BTPは今後も、様々なサービスの提供を通じて業界の人材不足の解消および業界の発展へ貢献するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

在宅型BPOサービス『リモートテーラー』を提供開始 – 株式会社ビズテーラー・パートナーズ
https://www.biztailor.co.jp/news20200527