部長・役員クラスの業務をアウトソーシング

株式会社グローカルは、2020年5月27日、「部長のアウトソーシングサービス」の提供を開始したと発表しました。

同社は、地方の中小企業を対象として経営コンサルティング事業を展開している企業。今回開始されたサービスは、地方の中小企業で圧倒的に不足しがちな部長・役員クラスの業務をアウトソーシングとして請け負うものであり、同年5月26日より提供が開始されています。

既存の部長・役員層では対応困難な課題を解決

グローカルは、ウェブマーケティングと人材コンサルティングの知見を活用する形で、2012年の創業時より地域企業の経営支援を手がけています。支援に際しては、クライアントごとに最適化された完全カスタムのコンサルティングサービスを提供。こうした点が高く評価され、顧問契約の継続率は92%を超えているとのことです。

同社は、地方企業においては経営者を支える体制が整っていない場合が多いことを憂慮。また、新しいテクノロジーやシステムを活用できる人材が少ないことも憂慮。既存の部長・役員層では対応が困難なこれらの課題を解決すべく、「部長のアウトソーシングサービス」の提供開始に至りました。

採用・育成のコストを削減、自社価値の再発見も

「部長のアウトソーシングサービス」では、経営企画部長・組織人事部長・マーケティング部長・事業部長・営業部長のアウトソーシングが可能です。プロフェッショナルのスキルを提供すると共に、採用・育成のコストを削減し、さらには第三者評価による自社価値の再発見もできるサービスとなっています。

同サービスにおいてグローカルは、「経営者の伴走者」「参謀」としての実績を活かして地方の中小企業を支援するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社グローカル
https://www.glcl.co.jp/

経営コンサルティングのグローカル、「部長のアウトソーシングサービス」をスタート – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/