柔軟に専門チームを組成することが可能

ランサーズ株式会社は、2020年6月1日、BPOサービス『オンラインBPOセンター』の提供を開始したと発表しました。

同社は、フリーランスのプラットフォーム『Lancers』の運営などを手がける企業。『オンラインBPOセンター』は、1名から1000名規模まで柔軟かつスピーディーに専門チームを組成することが可能なサービスとなっています。

固定費やリードタイムも削減

『オンラインBPOセンター』は、BPOセンターが担う企業の業務を完全にオンライン化し、セキュリティを担保しながら全国のプロフェッショナルチームによって代行するサービスとなります。

同サービスの提供においてランサーズは、『Lancers』が擁する100万人以上のフリーランスデータベースを活用。即時のチーム体制構築やチーム人数の柔軟な増減に対応し、少人数チームでの業務代行も可能にしています。

同サービスはまた、これまでのBPOセンターに必須だった家賃などの固定費や、業務の立ち上げに要するリードタイムも、削減が可能となっています。

柔軟かつ効率的な経営を推進できるよう支援

『オンラインBPOセンター』の対応業務としてランサーズは、マーケティング・データ入力・インサイドセールスなどの営業活動全般に加えて、カスタマーサポート・バックオフィスなども想定。業務に携わるフリーランスとはNDAなどの契約管理を実施し、セキュリティ対策も万全とのことです。

同サービスによりランサーズは、企業がリスクを抱えずに柔軟かつ効率的な経営を推進できるよう、支援を行うとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『オンラインBPOセンター』を提供開始 – ランサーズ株式会社
https://www.lancers.co.jp/news/pr/19569/