カオナビの導入をサポート

6月3日(水)、株式会社誠勝は株式会社カオナビと連携し、人材データを電子化しクラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」へ登録するサービスの提供を開始したことを発表しました。

株式会社誠勝は、法人顧客の需要に特化した非破壊電子化総合サービス「そのままスキャン」や美大出身のスタッフが大判の絵画作品を大型スキャナーで電子化する「絵画そのままスキャン」を提供している企業です。

今回の取り組みによって、カオナビ導入時の人材データの精査や登録作業を簡略化できるようになります。

ヒアリングから登録作業の代行まで

株式会社誠勝が今回連携するカオナビは、社員管理や人事評価をサポートする人材管理システムです。

オフィスのペーパーレス化が進んでいない企業の場合、カオナビのようなクラウド人材マネジメントシステムの利活用が難しい傾向にあります。

株式会社誠勝はカオナビのスムーズな導入の支援を目的に、「カオナビ」に最適化した人材データ電子化・登録サービスの提供を開始しました。

専門知識を持ったスタッフが人材データの管理状況をヒアリングした後、カオナビに移行した後の管理項目の設定や電子化・登録までのフローを提案します。

さらに、策定されたルールに基づき、Excelや紙媒体などの状態で管理されている人材データの登録作業を、株式会社誠勝のスタッフが代行するというのが、カオナビ人材データ電子化・登録サービスの基本的な流れです。

ヒアリングからデータ入力支援までの一連の作業は、リモートでも対応しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

誠勝、人材データの電子化から「カオナビ」への登録まで一括で請け負うサービスを開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000015316.html