紙データ処理全般をアウトソースできる

さくら情報システム株式会社は、2020年6月9日、AI-OCRを活用したBPOソリューション『Sakura-Eye』の提供を開始すると発表しました。

同社は、約20年にわたってBPOソリューションを提供している企業。『Sakura-Eye』は、特殊技術を組み込んだAI-OCRを活用することにより、紙データ処理全般をアウトソースできるソリューションとして提供されます。

きめ細やかな要望に対応しながらデータ化

今般のコロナ禍を契機として、多くの企業で業務効率化や「働き方改革」の動きが加速し、AI-OCRやRPAを検討・導入するケースも増え始めました。しかし、これらを実際の業務へ組み込む際には、紙のデータ化を効率的に実施する必要があります。このデータ化を高品質な形で担うソリューションとして、『Sakura-Eye』は開発されました。

『Sakura-Eye』では、クライアントのきめ細やかな要望に対応しながらデータ化が行われます。データ化される帳票は、さくら情報システムのデータセンター内にて全て保管。データ化と並行して人的入力を実施し、OCR結果との照合でデータの正確性を高めることも可能です。

『DynaEye 10』をコアエンジンとして採用

『Sakura-Eye』は、高精度な文字認識を実現する株式会社PFUのOCRソフトウェア『DynaEye 10』をコアエンジンとして採用しています。また、罫線除去機能と明細行のハンドリング機能を、さくら情報システム側が追加。複数フォーマットが混在する帳票でも、高い精度で読み取ることが可能です。

さくら情報システムは今後も、技術と人が生み出す高品質なBPOソリューションを提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

BPO業務における帳票データ化ソリューション『Sakura-Eye』を提供開始 – さくら情報システム株式会社
https://www.sakura-is.co.jp/topics/tp-000-501.html

BPO業務におけるAI-OCRを活用した 帳票データ化ソリューション『Sakura-Eye』を提供開始 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/214866