ディー・キュービックが提供するサービス

キューアンドエー株式会社は、2020年6月29日、同社グループ会社が『AI電話自動応答サービス』の提供を同年7月より開始すると発表しました。

『AI電話自動応答サービス』は、キューアンドエーグループにてダイレクトマーケティングBPO事業を展開しているディー・キュービック株式会社が提供するもの。AIによる電話対応とバックオフィスのアウトソーシングが、可能となっています。

オペレーターに代わってAIが電話に対応

今般のコロナ禍による影響は、収束に向かいつつある状況においても続いています。テレワーク(在宅勤務)の推奨や外出自粛といった動きも依然として継続し、企業のコールセンターでは顧客からの電話注文や問い合わせが増加。オペレーターの出勤制限や安全確保により、十分な受付体制の構築が困難な企業も少なくありません。

『AI電話自動応答サービス』は、こうした状況へ対応すべく開発されました。同サービスでは、オペレーターに代わってAIが顧客からの電話に対応。音声情報の確認・補正をおこなうバックオフィスも併設され、包括的なBPOサービスが提供されます。

「新しい生活様式」に対応したソリューション

『AI電話自動応答サービス』の自動応答システムでは、株式会社ソフトフロントジャパンが提供する自然会話AI『commubo』を主に活用。このAI技術に、キューアンドエーグループがコンタクトセンター運用により培ったノウハウを組み合わせ、顧客対応の完結度を高めるとのことです。

キューアンドエーとディー・キュービックは今後も、「新しい生活様式」に対応したソリューションを構築・提供するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

会話AIを活用した『AI電話自動応答サービス』の提供開始 – キューアンドエー株式会社
https://www.qac.jp/news/2020/06/29_auto_response.html