オンラインで薬機法を学ぶ

7月13日(月)、イー・ガーディアン株式会社は、株式会社ビズテーラー・パートナーズがマーケティング業界向けに、オンラインで最新の薬機法研修を行う新サービス「薬機法スタディテーラー」の提供を開始したことを発表しました。

株式会社ビズテーラー・パートナーズは、イー・ガーディアン株式会社と株式会社サイバー・コミュニケーションズの合弁会社であり、広告・マーケティングに特化したBPO事業を展開しています。

「薬機法スタディテーラー」は、医薬品やヘルスケア関連商品に携わる広告・マーケティング実務者に対して、オンラインで最新の薬機法の研修を提供するサービスです。

適法かつ効果の高い広告とは

薬機法の改正により、虚偽または誇大広告などで不正な利得を得た際の罰則として、令和3年8月から「課徴金制度」の導入が決定しました。

こうした中、法令に抵触せずに効果の高い広告・製品表示を作成することの重要性が高まっていることが、株式会社ビズテーラー・パートナーズが「薬機法スタディテーラー」の提供を開始した背景にあります。

「薬機法スタディテーラー」において行われる研修は6つのステップに分かれており、全体で3時間程度実施する想定です。

薬機法の理解からPR方法など、広告・マーケティング実務者にとって実用的な内容を取り上げます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ビズテーラー・パートナーズ、オンラインで行う薬機法研修「薬機法スタディテーラー」の提供を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000133.000018759.html