テレワーク導入に関する相談を受け付ける

株式会社アウトソーシングテクノロジーは、2020年7月21日、中小企業向け相談窓口サービス『テレワの窓口』を常設すると発表しました。

同社は、R&Dに特化した機械・電子・電気・ソフトウェアの技術者派遣などを手がける企業。『テレワの窓口』は、テレワーク導入や補助金活用に関する相談を受け付けると共に、ヘルプデスク代行なども行うサービスとなっています。

導入時に活用できる補助金の選定も

アウトソーシングテクノロジーは、「日本のモノづくり」の新しい価値創造を目指して、技術者派遣や開発請負、ソフトウェアの販売・設計などを手がけています。

同社は、今般のコロナ禍による企業への影響が長期化しつつあることを憂慮。多くの企業がテレワーク導入やヘルプデスク業務などにおいて課題を抱えており、今後はその傾向がより顕著になると考え、『テレワの窓口』の常設に至りました。

『テレワの窓口』では、各業種・各業界に精通したコンサルタントが、クライアントに最適な形でテレワーク導入を支援。また、導入時に活用できる補助金の選定なども行います。

ヘルプデスク業務を代行し、担当者の負担を軽減

『テレワの窓口』は、ヘルプデスク代行サービスを提供する点も大きな特徴です。WEB会議システムなどを導入したものの、社員が使いこなせない企業は少なくありません。こうした企業において、多忙な情報システム担当者に替わってヘルプデスク業務を担い、担当者の負担を軽減します。

アウトソーシングテクノロジーは『テレワの窓口』において、企業の「ウィズコロナ」「アフターコロナ」対策を支援するとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

中小企業向け『テレワの窓口』を常設へ 技術人材支援と補助金活用支援を強化 – 株式会社アウトソーシングテクノロジー
https://www.ostechnology.co.jp/