ICTを活用できる人材の育成

8月11日(火)、パーソルHDは、パーソルテンプスタッフ株式会社(以下、パーソルテンプスタッフ)が神戸市及びコニカミノルタ株式会社との3者で事業連携に関する協定を締結し、協働で取り組む就業機会の創出プロジェクトを開始したことを発表しました。

パーソルテンプスタッフは人材派遣やBPO、官公庁受託事業などのサービスを提供している企業です。

今回の就業機会の創出プロジェクトでは、ICTを活用した業務改善やICTを活用できる人材の育成・キャリアアップを目指しています。

ライフステージに合った働き方を提供

神戸市が推進する施策「リノベーション・神戸」の一環として「働く場の創出」を実施することが、今回の事業連携に関する協定の締結に至った理由です。

事業連携の趣旨としては、時間と場所にとらわれない柔軟な働き方の推進やITツールの積極的活用、 ICTに関するプラットフォームによるキャリア形成支援が挙げられます。

就業時間に制約がある人や、通勤時間を短縮し育児や自分のための時間を確保したい人が人材育成の対象です。

IT技術のスキルを習得した人には、派遣・BPOや公民連携による職住近接オフィス「ジョブシェアセンター神戸名谷」での就業といった、ライフステージに適合した働き方を提供していきます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

テンプスタッフ 神戸市 コニカミノルタ 3者で事業連携に関する協定を締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000387.000016451.html