『佐世保第1アウトソーシングセンター』

パーソルワークスデザイン株式会社は、2020年8月20日、長崎県佐世保市にて『佐世保第1アウトソーシングセンター』を2021年4月に開設すると発表しました。

同社は、総合人材サービスを展開するパーソルグループにおいて、BPOやヘルプデスク/コールセンターのアウトソーシングなどを手がける企業。『佐世保第1アウトソーシングセンター』は同社にとって、佐世保市における2拠点目の施設となります。

アウトソーシングの市場規模は拡大傾向

パーソルワークスデザイン株式会社は、佐世保市にて2017年に『佐世保アウトソーシングセンター』を開設しました。以来同社は、IT関連のヘルプデスクやコールセンター事業、またRPOのコンタクトセンター事業などを、同施設にて展開。官民問わず多数のクライアントを獲得したことで、既存の178席は満席に至っています。

同社は、近年の働き方改革や人材不足の影響により、アウトソーシングの市場規模は拡大傾向にあると判断。また、今般のコロナ禍によって新しい働き方が促進され、コンタクトセンターやテレワークの活用もさらに増加すると予測。こうしたニーズに対応すべく、事業拡大として『佐世保第1アウトソーシングセンター』の開設を決定しました。

400席のサポートブースを設けた施設

『佐世保第1アウトソーシングセンター』は、400席のサポートブースを設けた施設として開設されます。施設内では「ニューノーマル」への対応として、非接触型ドアや体温計測などの感染症対策設備を常設。また在宅勤務やシフト勤務を行う従業員に対しても、マネジメントを担うハブとして同施設を位置づけ、「ニューノーマル」の働き方を推進するとのことです。

パーソルワークスデザイン株式会社は同施設により、さらなる事業拡大と雇用創造を図るとしています。

(画像はパーソルワークスデザイン株式会社の公式ホームページより)

▼外部リンク

『佐世保第1アウトソーシングセンター』を開設 – パーソルワークスデザイン株式会社
https://www.persol-wd.co.jp/news/20200820-01.html