在宅電話オペレーターを養成

9月17日(木)、株式会社うるる(以下、うるる)は、自らが運営する電話の一次取次サービスfondesk(フォンデスク)が、リトル・ママ ビジネススクールと協力して「在宅電話オペレーター育成講座」を開講することを発表しました。

うるるは2001年の設立以降、BPO事業やCrowd Generated Service事業、クラウドソーシング事業に力を入れている企業です。

「在宅電話オペレーター育成講座」は、9月24日(木)より開始する予定となっており、現在受講生を募集しています。

Web会議で完結

fondeskの「在宅電話オペレーター講座」は、子育てに奮闘する女性をサポートするためにうるるが提供しているビジネス講座の一環です。

特定の会場に赴いて講義や研修を受けるのではなく、Web会議にてスキルやノウハウを獲得できる点が「在宅電話オペレーター講座」の特徴といえます。

オンラインで講座が開かれることから、子育てのため外出する時間が取れない女性でも参加可能です。

「在宅電話オペレーター講座」の第1期は、9月24日(木)と25日(金)、28日(月)、30(水)の午前10時から午後0時まで開催されます。

講座ではfondeskの概要や電話対応の心得だけでなく、在宅ワークに役立つツールの使い方や敬語といったテーマを取り上げる予定です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

電話取り次ぎサービス「fondesk」が“在宅電話オペレーター“育成講座をスタート 
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000049287.html