『CONTRACTHUB』導入における支援をセット化

大興電子通信株式会社とデジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社は、2020年9月17日、電子契約のアウトソーシングサービス『DD-CONNECT』の提供を開始すると発表しました。

『DD-CONNECT』は、日鉄ソリューションズ株式会社の電子契約クラウドサービス『CONTRACTHUB』導入における検討支援・運用支援・サポートをセット化したサービスです。

必要なサービスを一括で提供

『CONTRACTHUB』は、多くの大企業が導入している電子契約サービスです。同サービスでは、ERPや販売システムなどとの連携により、契約に関連する様々な業務の生産性を向上。締結・改訂の履歴をクラウド上で確認できるため、契約管理業務の効率化も実現しています。2013年の提供開始時より同サービスは高い評価を獲得し、現在では13万ユーザー以上が利用するようになりました。

この『CONTRACTHUB』導入における支援を行う『DD-CONNECT』では、必要なサービスを一括で提供。サービス契約前における簡易PoCの実施や、税務署といった行政への法的手続きの支援、また基幹システムとの連携支援なども行い、導入を容易に進めるとしています。

スピーディーな対外契約の電子化を実現

今般のコロナ禍により、多くの企業においてリモートワークの推進が課題となっています。こうした状況において、スピーディーな対外契約の電子化を実現すべく、『DD-CONNECT』の提供開始は決定されました。

なお『DD-CONNECT』の提供は、2020年10月より開始されるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

電子契約のアウトソーシングサービス『DD-CONNECT』の提供を開始 – 大興電子通信株式会社
https://www.daikodenshi.jp/news/20200917/

電子契約のアウトソーシングサービス『DD-CONNECT』の提供を開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p