BPO事業でも知見を培ってきた共同印刷

共同印刷株式会社は、2020年10月7日、相続事務支援BPOサービスの提供を金融機関に向けて開始すると発表しました。

同社は、総合印刷業を展開する一方で、BPO事業にて個人情報に関する知見も培ってきた企業。開始されたサービスでは、オンラインでの一次受付および相続受付システムにて効率化と専門性を両立し、地域金融機関の事務効率化に貢献するとのことです。

による一次受付を実現近年、金融機関では店舗の統廃合やコスト削減の動きが進んでいます。事務を集中化させるこうした動きの中で、「相続受付事務をアウトソーシングしたい」というニーズを抱く金融機関も、増えてきました。共同印刷株式会社の相続事務支援BPOサービスは、このニーズに応えるべく提供が開始されるものです。

同サービスでは、相続受付事務においてオンラインによる一次受付を実現。また、OCRによる必要書類の自動読み取りも導入することで、大幅な効率化を可能にしました。同時に、相続分野の専門家をスーパーバイザーに採用することで、業務における専門性も確保。個人情報の取り扱い実績が豊富なデータ処理センターの活用により、セキュリティも万全となっています。

口座開設Webアプリに関する知見も蓄積

共同印刷株式会社は、印刷を核とするトータルサービスの提供と共に、CRMソリューションを展開する情報コミュニケーション事業や、一括アウトソーシングサービスを提供するBPO事業なども手がけています。

BPO事業において同社は、個人情報の取り扱いや口座開設Webアプリに関する知見も蓄積。相続事務支援BPOサービスでは、これらの知見も活用されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

金融機関の相続事務支援BPOサービスの提供開始 – 共同印刷株式会社
https://www.kyodoprinting.co.jp/