2026年まで成長を続けるESO市場

Report Oceanは、2020年10月8日、レポート『エンジニアリングサービスアウトソーシング(ESO)市場調査レポートと2026年までの予測』を発表しました。

Report Oceanは、革新的な市場調査レポートの「ワンストップソリューション」を自認するレポートプロバイダー。今回発表されたレポートではESO市場について、2026年まで成長を続けると予想しています。

多くの企業が、品質にも重点を置いている

同レポートではESO市場について、低コストながら高度なスキルを持つリソースへのアクセス性が、市場を牽引していると指摘。また、企業の多くがビジネスプロセスアウトソーシングからナレッジプロセスアウトソーシングの段階へ移行している点にも着目。自動車・電化製品・通信などの主要な業界が、コンサルティング会社へ大きな機会を提供していると考察しています。

また同レポートでは、オフショアアウトソーシングの牽引力が増大している点にも着目。同時に、単純かつ低コストのアウトソーシングから容量の増強へと、市場が進化している点も指摘。多くの企業が、タイムラインの短縮や生産性の向上と共に、アウトソーシングサービスの品質にも重点を置いていることに注目しています。

2018年時点におけるESO市場の規模、4024億ドル

同レポートでは、ESOプロバイダーにとって最大の市場になりうる国として、インドや中国を列挙。毎年増加するエンジニア数および低コスト化するサービスが、これらの国・地域のESO市場を後押ししていると考察しています。

なお同レポートでは、2018年時点におけるESO市場の規模を、4024億ドルと推定。また2019年から2026年にかけては、年平均成長率21.0%で成長すると予測しています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Report Ocean
https://www.reportocean.com/

ESO市場は、2026年までCAGR21%で成長すると予想 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/