請求書・注文書のデータ化を専門スタッフが代行

株式会社KSインターナショナルは、2020年10月13日、BPOサービス『Cloud e-recognition for BPO』の提供を開始したと発表しました。

同サービスは、請求書・注文書のデータ化を専門スタッフが代行するというもの。同社が展開している『e-recognition シリーズ』において提供されます。

時短によるコスト削減を、OCRにおいて実現

株式会社KSインターナショナルは、サービス業および情報システム販売などと共に、『e-recognition シリーズ』の展開も手がける企業です。

『e-recognition シリーズ』は、著名なOCRソフト『Prexifort-OCR』『DX Suite』およびRPA『WinActor』と、同社のオリジナルアプリケーション『DART』を連携させるパッケージプラン。正確な文字認識や時短によるコスト削減を、OCRにおいて実現してます。

同シリーズにおいて同社は、『e-recognition for 請求書』『e-recognition for 注文書』『e-recognition for 領収書』を既に展開。これらに続くものとして『Cloud e-recognition for BPO』の提供は開始されました。

OCRに精通したスタッフによる支援も提供

『Cloud e-recognition for BPO』では、『Prexifort-OCR』『DX Suite』『WinActor』『DART』を活用し、請求書・注文書に特化したデータ化サービスを提供。AIによる認識処理と人の目による確認/修正を行うと共に、OCR業務に精通したスタッフによる支援も提供されるとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

BPOプラン 『Cloud e-recognition for BPO』 – 株式会社KSインターナショナル
https://ksin.jp/?page_id=1331

『e-recognition シリーズ』からBPOサービス『Cloud e-recognition for BPO』を開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/