テレワークで業務を請け負う

株式会社ライナフは、 2020年4月13日、不動産管理会社におけるリーシング業務(賃貸業務)BPOサービスを開始したと発表しました。

ライナフは、スマートロックを活用した不動産管理サービスなどを展開している企業。今回開始されるBPOサービスは、オフィスに出勤しなくてもリーシング業務を実施できるよう、テレワークを前提とした形で業務を請け負うものとなっています。

培ったノウハウと知識・経験を活用

ライナフは、「不動産に確かな価値を」というビジョンを掲げ、スマートロックを活用したIoT製品『NinjaLockシリーズ』や、AI物件確認サービス『スマート物確』などを提供しています。また同社の『スマート内覧』では、電子キーやインターネットを活用することで、内覧管理の自動化を実現。業界における業務効率向上に貢献しています。

同社は、新型コロナウイルス感染症の急拡大により、不動産業界においてもテレワークの導入が進んでいることに注目。同時に、スムーズな移行が困難な企業が少なくないことにも着目。こうした企業を支援すべく、これまで同社が培ったノウハウと知識・経験を活用してリーシング業務のBPOサービスを開始するに至りました。

ITツールの導入が遅れる会社を支援

このBPOサービスにおいてライナフは、テレワーク(在宅勤務)で支援を提供。入念なコンサルティングによって業務フローを洗い出し、リーシング業務の最適な形を提案します。また、ボトルネックとなる業務の改善案も導き出すと共に、データを根拠としたレポート報告も行うとのことです。

同社はこのサービスを通じて、ITツールの導入が遅れる不動産管理会社を支援するとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

管理会社のリーシング業務を請け負うBPOサービスを開始 – 株式会社ライナフ
https://linough.com/press202004113/