ITコンサルタントの転職理由

転職することが当たり前となっている現代では、長く共に働いてきた同僚が急に居なくなることも良くあります。転職を求めるITコンサルタントたちの、よくある理由といえば「報酬」や「やりがい(仕事の内容)」ではないでしょうか。各社員を公平に評価し、適切な報酬を与え続けなければ、モチベーションを維持してもらうことは難しいです。すべての社員の要望を満たすことは難しいですが、社員を雇用している企業は、それらの理想に近づく努力をする必要があります。各企業は、少しでも合理的な評価と人材確保を求め、さまざまな人材管理システムを利用しています。

今回も、前回の記事に引き続き、ERPシステムで世界的に有名なSAP社が提供している人材管理システムの「SuccessFactors」に触れます。その中でも、社員の「報酬」と「パフォーマンス」とに関わる2つのソリューションについて、まとめていきます。

SAP SuccessFactors Performance & Goals

社員の従業員満足度とモチベーションを向上させるためのソリューションです。SuccessFactorsは、フルクラウドシステムであるため、いつでも何処からでも各社員の成果や実績を確認することができます。もちろんスマホやタブレットからもアクセスが可能です。自身の配下メンバーのパフォーマンスを向上させていくには、定期的かつ継続的なアプローチが必要になります。SuccessFactorsから提供されるツールを使用すれば、定期的なコミュニケーションはもちろん、より適正な評価と今後のアクションの計画まで繋げていくことができます。

日々の業務に追われている管理者側のマネージャーと、一般社員とをシンプルにつなげることのできるツールは、現代のスタイルにもマッチしていると思います。そのアクションの簡易さが、ユーザーの高い定着率を生み、評価者の目標に対する成果を共に確認しながら成長できるツールになっています。

SAP SuccessFactors Compensation

社員の報酬(給与)プログラムを管理できるソリューションです。SAPが保持している、報酬設計のベストプラクティスが埋め込まれており、高度なデータモデリングと予測機能をもとに報酬設計を行うことができます。客観的にKPIが可視化されることで、どの社員がパフォーマンスを発揮しているかを把握することができます。可視化されたKPIがあることで、評価される側の社員も納得感のあるかたちで、パフォーマンスの高い社員に対して公正な評価を与えることができます。それが、トップパフォーマーに対する会社への定着とモチベーションを維持へとつながります。

企業で定められた予算・ガイドラインに沿った報酬を計画することができ、各社員の基本給与・賞与・インセンティブの主3指標を、よりシンプルな1つのビューで把握することができます。よりシンプルな思想が、無駄な管理工数を省くことになり、各社員の適切な評価へとつながっていきます。企業の総合的な予算値を保ちつつ、パフォーマンスの高い社員の満足度を低下させないためのツールが提供されています。

まとめ(企業と社員の理想像)

各企業の社員は、常により良い評価を求め、より良い報酬を求めるものです。しかし、社員への対価は、その時々の企業の業績が大きく影響し、社員の求めている賃金に達しないことも多くあります。しかし、会社が倒産・解散しない限りは、前年度の実績から反省・改善を重ね、よりよい予算・計画を立案していきます。日頃パフォーマンスの高い社員でも、毎年向上を続ける会社の理想に対して、常にパフォーマンスを発揮し続けることが困難なときもあります。そんな時にこそ、管理者が社員に適度に寄り添い、今後のビジョンについて素直な気持ちで向き合っていけるツールが、SuccessFactorsではないでしょうか。