テイクアウト情報を無料で掲載

5月1日(金)、株式会社GINKANが運営するグルメSNS「シンクロライフ」は、飲食店のテイクアウト商品の無料登録受付を開始したことを発表しました。

シンクロライフ加盟店となるメリットは、暗号通貨リワードを通したユーザーとのエンゲージメントやビッグデータを用いたCRMを自動で実施できる点です。

シンクロライフはAIが口コミを分析することで、個人の趣味嗜好に合った飲食店を推奨する機能が付いたSNSです。

イートイン優待券も配布

飲食店がテイクアウト商品をシンクロライフに登録すると、現在実施しているテイクアウト情報の掲載に加えて、イートイン優待券の配布が可能になります。

イートイン優待券の配布は、新型コロナウイルス感染症拡大が収束した後、サービスを拡大する足掛かりになる施策のひとつです。

シンクロライフは加盟店での飲食で暗号通貨が蓄積するシステムを採用しています。

飲食店のレビューを残したユーザーに暗号通貨を報酬として提供することで、食レビューの民主化を目指している点がシンクロライフの世界初の取り組みです。

イートイン優待券を配布するには、シンクロライフ加盟店登録が必要になります。

加盟店登録のための初期費用や月額の登録料は不要で、利用金額の5%を収める完全成功報酬型です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

グルメSNS「シンクロライフ」、テイクアウト無料掲載申込を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000035259.html