新型コロナウイルス感染症対策として

5月7日(木)、株式会社ビズオーシャンは「SPALO(スパロ)」シリーズの「SPALO Maker(スパロメーカー)」を2020年5月7日(木)~2020年5月25日分の申し込み分につき、利用開始から1カ月間無償で利用できるキャンペーンを実施することを発表しました。

「SPALO(スパロ)」シリーズは株式会社ビズオーシャンが展開する対話型AIドキュメント作成サービスサービスです。

株式会社ビズオーシャンは、新型コロナウィルス感染症拡大のリスクを軽減させる取り組みのひとつとして、SPALOの利用を無償提供するとしています。

ボイスチャットでドキュメントを作成

スマートフォン内でチャットボットと会話するだけで、手軽にビジネスドキュメントを作成できるのが「SPALO(スパロ)」の特徴です。

LINE WORKSをはじめとしたチャットツールで必要な情報を入力することができます。

音声に関しては、スマートフォンの自然言語処理機能でテキストに変換したうえで、Excelのフォーマットに合わせたセルにマッピングするといった作業も可能です。

カスタマイズを加えることで、SFAやCRMなどのシステムに入力できるようになります。

今回、期間限定で無償提供される「SPALO Maker(スパロメーカー)」は、ユーザー自身がボットを作成し、データを溜められるサービスです。

利用シーンとしては、社外での営業日報や商談報告書、作業報告書の作成が挙げられています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

【新型コロナウィルス対策支援】スマートフォンで書類作成ができるSPALOの無償キャンペーンを開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000028256.html