CRMによるLTV向上などを実現w2ソリューション株式会社は、2020年5月12日、同社が展開しているクラウド型通販システム『リピートPLUS』において、スタークス株式会社のCRMサービス『CScloud』とのAPI連携を開始したと発表しました。

この連携により『リピートPLUS』は、CRMによるLTV向上や、LINEでのカスタマーサポートによる業務の負担軽減などを実現するとのことです。

『リピートPLUS』と『CScloud』w2ソリューションの『リピートPLUS』は、定期購入・頒布会といったサブスクリプションコマースに特化した通販システムです。同システムは、ステップメールや電話受注システムなどに加え、オンライン・オフラインの受注統合といったサブスクリプションコマースに必要な業務に対応。売り上げ平均成長率354%を誇るマーケティングツールも、標準搭載しています。

スタークスの『CScloud』は、LINE公式アカウントのMessaging APIを利用した顧客対応を可能にするCRMサービスです。LINEのトークやアンケートで得られたユーザー情報に基づくCRM施策などを通じて、多くの通販・EC企業にて新規顧客獲得を支援しています。

LINE顧客情報との連携も可能にw2ソリューションは、CRM施策としてLINEを活用するEC事業者が近年増加していることに注目。同時に、LINEとECサイト上における顧客情報の不一致などにより、手間・コストが増える課題も生じていると判断。この課題を解決すべく、『CScloud』とのAPI連携を決定しました。

『CScloud』との連携により『リピートPLUS』は、顧客の属性に合わせたCRMを実現。また、問い合わせの効率化やLINE顧客情報との連携も可能になったとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

リピートPLUS – w2ソリューション株式会社
https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus.html

『リピートPLUS』と『CScloud』がAPI連携を開始 – @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/212251