Zendesk社との間でパートナー契約を締結

クラスメソッド株式会社は、2020年5月14日、Zendesk社のCRM製品・サービスの販売を開始すると発表しました。

クラスメソッドは、クラウドサービスやデータ分析基盤などを活用した企業向け支援を手がける企業。Zendesk製品の販売開始にあたり同社は、Zendesk社との間でパートナー契約を締結しています。

革新的な製品・サービスを展開しているZendesk社

クラスメソッドは、「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で事業を展開しています。企業向け支援においては、『アマゾン ウェブ サービス』をはじめとしたクラウドサービスやアプリ開発、またIoT連携やAI/機械学習の技術も活用。また、オウンドメディア『Developers.IO』を通じて技術情報の発信も行っています。

同社が今回パートナー契約を締結したZendesk社は、企業と顧客の関係をより良いものにするCRM製品を提供している企業。世界17か国の拠点にて15万を超えるクライアントに向け、カスタマーエクスペリエンスを改善する革新的な製品・サービスを展開しています。

簡易型コールセンターを短期間で提供

現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受ける形で、業務に支障をきたしている企業が増加しています。コールセンター業務が停止し、顧客エンゲージメント低下に追い込まれる企業も少なくありません。

こうした状況においてクラスメソッドは、Zendesk社のCRM製品『Zendesk』などをベースとして簡易型コールセンターを短期間で提供するサービスを、提供するとのことです。

(画像はpixabay.comより)

▼外部リンク

CRM製品を提供するZendeskとパートナー契約を締結 – クラスメソッド株式会社
https://classmethod.jp/news/20200514-zendesk-partner/