顧客コミュニケーションの質と満足度を高める

HubSpot Japan株式会社は、2020年5月14日、同社のソフトウェア『HubSpot CRM』および『Sales Hub』が、freee株式会社のクラウド会計ソフト『freee』とAPI連携を開始したと発表しました。

HubSpot Japanは、SaaS(クラウド型ソフトウェア)を展開する米HubSpot社の日本法人。会計ソフトである『freee』との連携は、『HubSpot CRM』『Sales Hub』において顧客コミュニケーションの質と満足度を一層高めるべく、実施されています。

切り離されていた会計ソフトのデータを同期

HubSpot Japanは、「Help millions of organizations grow better」をミッションとしてSaaSを提供し続けています。今回『freee』とのAPI連携を開始した『HubSpot CRM』は顧客関係管理ソフトウェアであり、『Sales Hub』は営業支援ソフトウェアです。

同社はこれまでも、企業において顧客対面を担うフロントオフィスが顧客体験の質を高めることができるソフトウェアを提供してきました。この顧客体験向上において、これまではフロントオフィスと切り離されていた会計ソフトのデータを同期させることが必要であると、同社は判断。『freee』との連携を開始するに至っています。

日本の会計ソフトとの連携は初めて

今回のAPI連携開始を受け、freeeは連携アプリ『freee for HubSpot』の提供を開始しました。このアプリでは、フロントオフィスが利用する『HubSpot CRM』『Sales Hub』と、バックオフィスが利用する会計『freee』の間で、請求に関わる各種データを同期。顧客に対する最適なコミュニケーションやサービスの提供を、可能にしています。

なお、HubSpot製品と日本の会計ソフトとの連携は、今回が初めてとのことです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

HubSpot Japan株式会社
https://www.hubspot.jp/

『HubSpot CRM』と『Sales Hub』がクラウド会計ソフト『freee』とAPI連携 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd