F-RevoCRM 6.5 Patch8をリリース

2020年5月29日、シンキングリード株式会社は、高機能オープンソースCRM『F-RevoCRM』のF-RevoCRM6.5について、機能の改善と不具合の修正を実施し、F-RevoCRM 6.5 Patch8をリリースしたことを発表しました。

F-RevoCRM 6.5 Patch8の正式リリースは、2020年5月29日です。ソースは、F-RevoCRMホームページよりダウンロード可能となっています。

改善点と修正点

予定表やレポート等が使いやすいF-RevoCRM 6.5の特長を活かし、F-RevoCRM 6.5 Patch8では、以下の3点について改善を行いました。

・URL項目への入力形式の制限を緩和
・見込み客の「顧客の昇格」機能で項目にデフォルト値が入るように改善
・Shift-JIS(MS923/CP932)のCSVファイルをインポートできるように改善
(プレスリリースより)

修正点は、レポートやカスタマーポータルなど6点で、これまで同社に寄せられた不具合の報告や、要望に対応したとしています。

なお、改善点や修正点についての詳しい情報は、F-RevoCRM 6.5 Patch8「README_F-RevoCRM6.5_patch8.md」内で確認できるということです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

シンキングリード株式会社
https://www.thinkingreed.co.jp/