デジタルマーケティングを学べるサイト

6月8日(月)、株式会社BLAMは、副業人材がデジタルマーケティングのスキルを共有する国内初のウェブサイト「デジマギルド」の開始を発表しました。

株式会社BLAMはマーケターに特化した複業・副業マッチングサービス「KAIKOKU(カイコク)」を運営する企業です。

「デジマギルド」では「アフィリエイト」や「MA・CRM」「PR・SNS」「マーケティングフレームワーク」などの項目について掲載する予定となっています。

厳選された人材が成功事例を紹介

「デジマギルド」には、株式会社BLAMが4,800人以上の副業人材の中から独自のスコアリングによりスキルを評価したデジタルマーケターが参画します。

新型コロナウイルスの感染拡大により、接触せずに集客を行うデジタルマーケティングの価値が高まりを見せている一方、日本国内におけるデジタルマーケティング業界は顕著な人手不足に陥っていることが「デジマギルド」を立ち上げた理由です。

「デジマギルド」では、「KAIKOKU」に登録する経験豊富なデジタルマーケターが成果事例等のナレッジを紹介することで、企業のデジタルマーケティング担当者は実際に成功した事例を学習できるようになります。

実際に執筆を担当するのは、外資系化粧品会社にて約30万人のフォロワーを持つSNSアカウントを運用しているマーケターや、元Amazon Japan プライム会員事業のマーケティングマネージャーといったデジタルマーケターです。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

国内初、副業人材によるマーケティングナレッジの共有サイト開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000030645.html