『F-RevoCRM』導入事例公開

2020年6月2日、シンキングリード株式会社(以下「シンキングリード」)は、同社が提供している高機能オープンソースCRM『F-RevoCRM』についての導入事例を公表しました。

公開されたのは、建材総合商社の株式会社桐井製作所(以下「桐井製作所」)と、クラウド型PBXサービス「モバビジ」を提供している株式会社クラウドテレコム(以下「クラウドテレコム」)の導入事例です。

なお、『F-RevoCRM』の特長は、操作が簡単なこと、一般的なCRMよりも多機能であることなどです。

「のりかえ」キャンペーン実施

桐井製作所での『F-RevoCRM』導入では、「Office365」と『F-RevoCRM』の連携を実施し、営業の効率化を図りました。また、『F-RevoCRM』では、ライセンス費用が無料であるため、コスト削減を実現しました。

クラウドテレコムでの『F-RevoCRM』導入の際には、多くのシステムを利用していたために散在していた情報を集約し、営業管理の一元化を実現しました。

シンキングリードでは、現在、乗り換え導入初期費用が0円となる『F-RevoCRM』の「のりかえ」キャンペーンを実施しているということです。キャンペーン実施期間は、2020年6月末までとなっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

シンキングリード株式会社

情報の一元化で営業の円滑な管理を実現 株式会社 クラウドテレコム 様導入事例を公開
https://www.thinkingreed.co.jp/

複雑な営業体制の仕組化を実現! ~株式会社桐井製作所様導入事例を公開~
https://www.thinkingreed.co.jp/