音声認識結果のVOCデータ収集が可能に

ギグワークスクロスアイティ株式会社は、2020年6月10日、同社のCRMシステム『デコールCC.CRM3』について、Hmcomm株式会社の『VContat』との機能連携を推進すると発表しました。

『デコールCC.CRM3』は、コンタクトセンター向けのCRMシステム。『VContat』は、音声AIコンタクトセンター向けプロダクト。両システムの連携では、音声認識結果のVOCデータ収集が可能になる予定です。

『デコールCC.CRM3』と『VContat』

ギグワークスクロスアイティの『デコールCC.CRM3』は、コールセンターにおいて電話・メール・FAX・Webなどマルチチャネルの顧客接点管理を実現するCRMシステムです。マルチテナント機能・セルフカスタマイズ機能・周辺システムとも連携し、センター業務の品質向上や効率化、トータルコストの削減にも貢献しています。

『VContat』は、コールセンターにおいてAI音声認識と自然言語処理を実現するシステムです。オペレーターとカスタマー双方の会話をそれぞれテキスト化しながら、FAQを自動表示することなどが可能です。また、会話終了後には要約やFAQの自動で作成。オペレーター業務の生産性向上に寄与しています。

『VContact』が識字化した通話内容の自動連係を実現

『VContat』との連携推進により『デコールCC.CRM3』は、『VContact』が識字化した通話内容の自動連係を実現。今後は、VOCデータの収集が可能になるとのことです。

この取り組みを通してギグワークスクロスアイティは、『デコールCC.CRM3』のさらなる機能充実を図るとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

『VContat』と『デコールCC.CRM3』の連携推進 音声認識結果のVOCデータの収集を可能に – ギグワークスクロスアイティ株式会社
https://gigxit.co.jp/news-2020-0610/